生理前の便秘

生理前はなぜ便秘になりやすい?

生理前は便秘になりやすいものです。この便秘が原因で体が重く感じるなどの体調不良や肌荒れ、吹き出物といったトラブルを抱えてますます憂鬱になってしまう方も多いはずです。

ホルモンバランスの変化と便秘

この生理前に起こる便秘にはいくつかの原因が挙げられますが、その中でもとくに大きいのがホルモンバランスの変化です。女性の月経周期は黄体ホルモン(プロゲステロン)卵胞ホルモン(エストロゲン)の2つのホルモンが交互に優位になりながらバランスを保っている状況です。生理前になるとこのホルモンバランスが黄体ホルモンに優位な環境になるのです。このホルモンには妊娠に備えて体内にエネルギーや栄養を溜め込もうとする働きが備わっています。そのため塩分や水分が体内に溜め込まれ、便に水分が失われてしまうのです。その結果水分不足の便が硬くなってなかなか排便しづらい環境になります。

 

また、黄体ホルモンが腸の働きを低下させてしまう点も便秘の大きな影響です。これは腸に直接影響を及ぼすわけではなく、子宮の収縮を抑制する働きがすぐ近くにある腸に影響を及ぼす形で生じるものです。いずれにしろ、これによって腸のぜん動運動が低下し、排便能力そのものも低下してしまいます。

生理前の体のメカニズムを知って、便秘の悩みを和らげよう!

このように、女性である以上生理前の便秘は体のメカニズムのうえで避けられない面があるのです。そのためできるだけ便秘の原因を日々の生活の中で和らげること、便秘がひどくならないよう気をつけていくことが大事です。たとえばホルモン以外の原因となる運動不足睡眠不足ストレス解消に努める、とくに生理前にイライラなどのストレスを抱えがちな人は要注意です。それから水分不足を補うために水分の摂取をいつもよりも多めにする。若い女性の中には太らないために水分摂取を控えてしまっている人も多いようです。これではかえって逆効果、便を溜め込みやすく、むくみやすい体を作ってしまいます。水分摂取はジュースではなくミネラルウォーターなど体に負担をかけないものにしましょう。

 

こうした生理前の体のメカニズムを知っておくことで厄介な便秘の悩みを緩和させることができるはずです。

生理前の便秘に使ってみたい乳酸菌サプリメント口コミ人気ランキング

 

スポンサードリンク

更新履歴